So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

いまさらムサシ [演技者]

この1年近くいったい何をしてたかっていうと、
仕事仕事仕事ライブ仕事仕事仕事旅仕事仕事ライブ・・・てな感じです。
オウ・・・
目が痛くなる字の並び・・・
ほとんど仕事、もしくはライブなのですが、3月にはちゃんとムサシ見てきました。
友達と手分けして取ったチケットでさい芸1公演見てきました。

失礼ながら、これまで井上ひさしさんの舞台を見たことがなかったせいもあり
宮本武蔵と佐々木小次郎が主役っていうから、きっとシリアスなストーリーなんだろうと思っていました。
ところが、予想と違ってて。
ん?これ、ここって笑っていいのかな?どうなの?っていうところが序盤に数回あったのですが
まわりのお客さんもシーンとして誰一人笑わないわけです。
なので、自分も我慢してました。
でも、明らかにこれはギャグだ!というせりふが出てくるところで、やっと思い切って笑うことができました。
なーんだ、笑っていいお話なんだ~~~って、そこで一回肩の力が抜けました。

最初の竹やぶの中を抜けていくような舞台の展開がものすごく好きです。
あれ見たさに、DVD買おうかと思っています。(まだ悩んでいる。出費がかさんでて・・・)
あれを何度も見たい。海外公演では、あそこでまずお客さんたちにうなってほしい!
もちろん、武蔵と小次郎の最初の対決のシーンもいいですが。

武蔵と小次郎の対決後のお話という設定が面白かったです。
その後2人が再会して、まわりの画策により、心を通じ合わせていくという流れ。
剣の達人なわけですから、それこそ「切るか切られるか」の二者択一なのですが、
見ている方としては、沢庵和尚たちのようにできることなら双方剣を交えず生きていってほしいと思いました。
でも、それって無理だろうなあと、最後にはどちらかが生き、どちらかが死ぬのだろうと予想していました。
もし闘いを避けることができるとしたら、いったいどんな方法で?と考えましたが
自分ではいい方法が思い浮かびませんでした。
生と死の苦しいせめぎあいが描かれるだろうと予想していたので、それに反して、どちらも死ぬことなく終わったのは意外でした。
けれど全然拍子ぬけしませんでした。
すごーく納得して、さわやかな気分で観終わることができたのは、脚本、演出そして役者さんたちが素晴らしいからだと思いました。
あれがもし、無理やりな展開で2人とも仲良しめでたしめでたし・・・だったら、
きっと「それはないな」と納得いかなかったと思います。
見てよかった、本当にいい舞台だと思いました。

海外で再演するならば、見に行きたいとこなのですが・・・
たぶん仕事で無理だろうなあ・・・
かなり本気で行きたいー!
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

シェリー・ルー

またまた・・・
来ちゃいましたm( _ _ )mペコリ

ムサシ・・・ホントに良かったですよね。
終わった直後に、海外あったらDOする?
な話で盛り上がったのを思い出しました(笑)
かなり本気で・・・私も行きたい・・・です。
が・・・・先立つ物が・・・(T_T)

私も、あの巌流島からの展開が
大好きです^^v


by シェリー・ルー (2009-09-26 12:26) 

ot-sachi

DVD、もう少しで発売になりますね。
まだ、買うかどうか決断できていません。
やっぱり何をするにも先立つものが必要ですよね・・・。

海外公演の話は、結構早い段階からありましたよね。
いつ・どことかはっきりはしてませんでしたが。
海外で見てみたいですよー。
by ot-sachi (2009-10-06 22:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。